上行寺本院(大多喜)もみじ

仏事のご案内

「あなたは誰のためにお葬式をしますか?」 この問いにあなたはどう答えますか? 多くの人は、「亡くなられた人のため」そう答えると思います。 でも、それだけではないのです。 上行寺では、「亡くなられた人のため」という部分は当たり前に考えた上で、さらに「その人のお葬式」という点を考え、僧侶の立場でできることを考えながらお葬式に関わらせていただいております。 また、「大切な人を亡くされた人のため」この部分も大切と考えております。 お葬式ではもちろんのこと、その後も、ご遺族の心のサポートもさせていただきたいということで、積極的に「グリーフサポート、グリーフケア」の考えを取り入れ、僧侶になにができるかを常に考えながら関わらせていただいております。

上行寺が檀家制度をとらない理由

上行寺は、檀家制度をとっていません。   檀家とは、もともとはインド古典語であるサンスクリット語の「ダーナパティ」が語源で、お布施をする人、現代語のスポンサーという意味に似ています。つまり...

お坊さんがアドバイス 「お葬式で後悔をしないためのポイント」

お葬式を行うにあたって、ご遺族は悲しみ、不安、焦りの中で、準備を進めて行かなくてはなりません。しかも、多くの人はお葬式について、ほとんど知識がありません。段取りや葬儀社選びに失敗して後悔する人が多...

生前戒名のススメ

上行寺では、生きているときに戒名をいただくことをお勧めしています。   戒名は、人が亡くなった時にいただく名前と考えている人が多いようですが、本来は、「仏教徒になった時にいただく名前」です...

大切な人を無くされた方へ

大切な人を亡くされた方の悲しみは人によって様々です。   父親を亡くされた場合、母親を亡くされた場合、旦那さんを亡くされた場合、奥さんを亡くされた場合、お子様を亡くされた場合、誰を亡くされ...

お葬式の大切さ

「あなたは誰のためにお葬式をしますか?」   この問いにあなたはどう答えますか? 多くの人は、「亡くなられた人のため」 そう答えると思います。   でも、それだけではないのです...

このページの一番上に移動